【SACD】時間から空間へ ―ワーグナーへのオマージュ―/加藤洋之

 東京藝術大学大学院を経てリスト音楽院で学び、ジュネーヴ国際音楽コンクールで第3位入賞を果たしてドイツでも研鑽を積んだ加藤洋之は、国内外の一流演奏家から信頼を寄せられる室内楽奏者としても活躍中だ。そんな彼のソロ・アルバムは、濃密な音楽的変遷が見えてくるワーグナーやリストをはじめ、シェーンベルクら新ウィーン楽派の作品を集めた2枚組の豪華盤。リストやベルクのソナタにおけるドラマ性と明晰な構築力をはじめ、小品におけるデリケートで色彩豊かな音色など、精緻なピアニズムが凝縮し、加藤の表現力の多彩さ、深さが鮮烈に伝わってくる。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年9月号より)

【information】
SACD『時間から空間へ ―ワーグナーへのオマージュ―/加藤洋之』

ワーグナー:黒鳥館への到着/ベルク:ソナタ/ワーグナー(リスト編):楽劇《パルジファル》より「聖杯への荘厳な行進曲」、楽劇《トリスタンとイゾルデ》より「愛の死」/シェーンベルク:6つの小さなピアノ曲/ウェーベルン:ピアノのための変奏曲/リスト:ソナタ、リヒャルト・ワーグナーの墓に 他

加藤洋之(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCT-00165(2枚組) ¥3800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]