ボリス・ペトルシャンスキー ピアノリサイタル

比類なき進化を遂げる透徹したピアニズム


 伝統的なロシア・ピアニズムの継承者として世界各国で幅広い演奏活動を展開しているボリス・ペトルシャンスキーは、ピアノ好きの心を強くとらえる音楽性の持ち主である。彼はモスクワ音楽院においてゲンリヒ・ネイガウス、レフ・ナウモフという歴史に名を残す偉大なピアニストから教えを受け、その後リーズやミュンヘン・コンクールで上位入賞を果たした。現在はイタリアのイモラ国際ピアノアカデミーで教鞭を執りながら、今年のチャイコフスキー国際コンクールの審査員を務めるなど、後進の指導にも積極的である。

 今回の選曲はヘ短調のシリアスな主題が変奏されていくハイドンから開始、シューベルトの美しき歌謡性が凝縮している「即興曲 D935」に移り、第二次世界大戦の最中に書かれたプロコフィエフの傑作、ソナタ第6番で締めくくるという趣向。まさにペトルシャンスキーの多面的なピアニズム、表現、解釈が味わえる。特にプロコフィエフの「戦争ソナタ」が聴きどころ。
文:伊熊よし子
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.9/25(水)19:00 東京/ヤマハホール
10/5(土)14:00 広島/エリザベト音楽大学 ザビエルホール
問:アルペンミュージックオフィス03-5324-2513 
http://www.alpenmusic.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]