【CD】ことばのない詩集/高橋悠治

 高橋悠治は昨今、ますます洋の東西や時代、様式が意味をなさなくなってしまう自在の境地に遊んでいるように見える。本アルバムにも、その精神は如実に表れている。奇妙にスウィングするクープラン「花開くユリ」の千鳥足に魅せられてついていくと、いつの間にかマリピエロの幻想の世界へと足を踏み入れている。高橋の即興的な自作「空撓連句」によって情景が切り替わると、再び15世紀の民謡「優しいマリア」でタイムスリップするが、現代作曲家チャポー・ジュラは自在な変奏で、この民謡の歴史性を解体する。飄々とした風情で小さなものに眼差しを向けながら、世界の広がりを一気にとらえてしまう離れ業。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【Information】
CD『ことばのない詩集/高橋悠治』

F.クープラン:花開くユリ、葦/G.F.マリピエロ:アーゾロ詩集、きらめき/高橋悠治:空撓(そらだめ)連句/A.シュリック:優しいマリア/C.ジュラ:「優しいマリア」変奏曲

高橋悠治(ピアノ)

収録:2019年3月、浜離宮朝日ホール(ライヴ)
マイスター・ミュージック
MM-4059 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]