大江馨がレオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクールで第3位入賞

C)Shigeto Imura

 5月31日から6月8日にかけてドイツ、アウグスブルクで開催された第10回レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクールの本選が6月7日に行われ、日本の大江馨がモーツァルトのヴァイオリン協奏曲イ長調K.219とブラームスの同ニ長調を演奏して第3位に入賞し、併せてコンクール委嘱作品賞を受賞した。共演はミュンヘン放送管弦楽団。

 大江は1994年仙台出身。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コース、慶應義塾大学法学部で学び、その後ドイツ、クロンベルクアカデミーにてクリスティアン・テツラフに師事し研鑽を積んでいる。

レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクール
https://www.mozartstadt.de/de/violinwettbewerb/


*お詫びと訂正*

『ぶらあぼ』2019年6/18発行 7月号 News & Topics 164ページに掲載しました記事内で、共演の管弦楽名に誤りがありました。

誤:アウグスブルク・フィルハーモニー管弦楽団
正:ミュンヘン放送管弦楽団

お詫びし訂正いたします。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]