毛利文香がモントリオール国際音楽コンクールで第3位入賞

C)Hisashi Morifuji

 5月29日から6月5日にかけてカナダのモントリオールで行われていたモントリオール国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、毛利文香が第3位に入賞した。優勝はHao Zhou(アメリカ)。ヴァイオリン部門の審査委員には、審査委員長のザリン・メータのほか、ピエール・アモイヤル、キム・カシュカシャンなどが名を連ねる。

 毛利は1994年生まれ。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コース修了。慶應義塾大学文学部卒業。パガニーニ国際ヴァイオリンコンクールやエリーザベト王妃国際音楽コンクールで上位に入賞し、ソリストとしても国内の主要楽団やブリュッセル・フィルやクレメラータ・バルティカ等と共演するなど、国際的に活躍。現在はドイツのクロンベルクアカデミーでミハエラ・マーティンに学んでいる。

Concours musical international de Montréal
https://concoursmontreal.ca/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]