彩の国さいたま芸術劇場 開館25周年記念 アンサンブル・ウィーン=ベルリン

フランス作品のエレガンス、そしてモーツァルトの愉悦とパトスを

C)青柳 聡

 1983年にウィーンとベルリンのトップオーケストラの首席奏者たちによって結成された木管五重奏団、アンサンブル・ウィーン=ベルリン。創立メンバーから全員が入れ替わった現在でも、トップ奏者たちによる絶大な存在感は変わらない。創設36年目となる今年は、彩の国さいたま芸術劇場開館25周年記念公演に登場し、フランスの五重奏作品とモーツァルトの編曲ものを披露する。

 フランスのタファネルとイベールによるオリジナル五重奏作品は彼らの得意演目であり、最高の演奏が実現するはず。さらに今回は、モーツァルトの2作品も劣らず注目になる。歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》抜粋は、作曲当時に流行していた管楽合奏「ハルモニームジーク」(オペラの名場面が演奏されることも多かった)の空気感を、独墺2大都市の名人の演奏で味わえる。そして、レヒトマン編曲による「五重奏曲ハ短調」は、セレナード第12番K.388と弦楽五重奏曲K.406より構成された作品とのことで、新鮮なモーツァルト体験への期待も高まる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年7月号より)

2019.9/28(土)15:00 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
問:SAFチケットセンター0570-064-939
https://www.saf.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]