松田華音 ピアノ・リサイタル

ロシアで培った比類なき音楽性にいっそうの磨きがかかる

C)Ayako Yamamoto

 松田華音は4歳からピアノをはじめ、6歳のとき、教室を訪れたロシアの音楽学校の先生の目に留まって、母親とともにモスクワへ渡った。翌年、モスクワ市立グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校ピアノ科に首席入学。音楽だけでなく全教科にわたる総合教育を受け、いずれにも好成績を収めながら次々とコンクールを制覇する。10歳になる頃には堂々とオーケストラと渡り合っていた。日本でも本格的にステージに立つようになったのは6年ほど前からだろうか。筆者は初めて聴いたとき、彼女が心から音楽を感じて生き生きと表現しているのに驚いた。近年の進境はさらに著しく、今や押しも押されもしないロシア・ピアニズムの具現者だ。今回は、深い内面性にあふれたベートーヴェンの最後から2番目のソナタ、キャラクターの弾き分けが要求されるシューマンの「謝肉祭」、そして本場仕込みのチャイコフスキーを弾く。彼女の今をぜひ確かめてほしい。
文:萩谷由喜子
(ぶらあぼ2019年7月号より)

2019.8/6(火)19:00 ヤマハホール
問:ヤマハ銀座ビルインフォメーション03-3572-3171
https://www.yamahaginza.com/hall/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 田中彩子(ソプラノ)インタビュー
      on 2019/09/18 at 11:18

      interview & text :室田尚子 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる [&#8230 […]