【CD】J.S.バッハ:トッカータ vol.2/家喜美子

 何と、清冽な響きだろう。当盤の第1音を聴くだけで、あなたの耳は虜となってしまうに違いない。家喜美子は、歴史的鍵盤楽器の先駆者レオンハルトの薫陶を受けた後、30年以上にわたってヨーロッパで活躍し、現在は日本を拠点に精力的な演奏活動を続ける。20代前半の青年作曲家がしたためた、覇気あふれる「トッカータ」を源流に、バッハの創造の宇宙を辿るアルバムの第2弾。楽器は今回も仏コルマールにあるオリジナルのルッカース(1624年)。独特の底鳴りする低音と、複層的な響きを湛えた高音を巧みに操り、丹念に編み込まれた対位法の網を、明快かつ風通し良く紐解いてゆく。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
CD『J.S.バッハ:トッカータ vol.2/家喜美子』

J.S.バッハ:トッカータ ハ短調BWV911、同ニ長調BWV912、同ト短調BWV915、「平均律クラヴィーア曲集 第1巻・第2巻」より〈ロ短調BWV869〉〈嬰ハ長調BWV872〉〈変ホ長調BWV876〉 他

家喜美子(チェンバロ)

レグルス
RGCD-1046 ¥2900+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]