マチュー・デュフォー フルート・リサイタル

最高峰を極めた稀有の名手の至芸を堪能

C)ヤマハ株式会社

 ベルリン・フィル、シカゴ響の世界2大ヴィルトゥオーゾ楽団のトップを制覇した驚異のフルーティスト、マチュー・デュフォーが、この夏再びリサイタルを行う。

 1972年パリ生まれの彼は、93年、弱冠20歳でトゥールーズ・キャピトル国立管の首席奏者に就任。96〜99年パリ国立歌劇場管のスーパー・ソロイストを務めた後、音楽監督バレンボイムに招かれ、99〜2014年シカゴ響の首席奏者を務めた。そして15年9月、ベルリン・フィルの首席ソロ奏者に就任。さらなる注目を集めることとなった。ブーレーズ、エッシェンバッハ、ルイージ等の指揮者や内田光子、ズーカーマン、ル・サージュ等と共演するなど、ソリストとしてのキャリアも豊富。欧米や日本におけるリサイタルでも絶賛を博している。

 彼は、木管楽器の本場フランスの教育を受け、オペラのピットやアメリカでの経験を経たことで、幅広い音楽性を獲得。艶やかな音色、豊かな表現力を生かしながら、優美極まりない演奏を聴かせ、特に気品を湛えた清々しさが独自の魅力を放っている。前半にプーランクのソナタ、ミヨーのソナチネといったフランスの名品、後半にシューベルトの「しぼめる花変奏曲」、ライネッケのソナタ「ウンディーネ」という独墺のプログラムは、ロマン派から近代のフルート&ピアノ(浦壁信二)の代表作揃い。フルート愛好家はむろん必聴だし、これまで彼の演奏を聴いていない人がその魅力を知るにも最適だ。ここはぜひ、世界トップ級の超絶的な妙技と唯一無二の優雅な趣を堪能したい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年7月号より)

2019.8/1(木)19:00 トッパンホール
問:パシフィック・コンサート・マネジメント03-3552-3831
http://www.pacific-concert.co.jp/

他公演
2019.7/27(土) りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館(025-224-5521)
7/30(火) 武蔵野市民文化会館(小)(完売)
8/2(金) 大阪/ザ・フェニックスホール(06-6363-7999)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]