雄大と行く 昼の音楽さんぽ 第18回 デンハーグピアノ五重奏団

ピリオド楽器で体感するロマン派室内楽の愉悦

 作曲当時の仕様の楽器ならではの妙なる音色が、名曲の真の魅力へと聴衆を誘う。

 デンハーグピアノ五重奏団は、フォルテピアノの小川加恵をはじめ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスのピリオド楽器の名手たちによって、2009年にオランダでデビュー。11年にアムステルダムで開かれた第16回ファン・ワセナール国際古楽コンクールを制して一躍脚光を浴び、世界的にも稀有な編成のアンサンブルとして、各国の古楽祭に招聘されるなど、国際的な演奏活動を展開している。

 休憩なしの1時間、密度の濃いステージ。バーミンガム響の首席ヴィオラ奏者、アダム・レーマーを加えたメンデルスゾーンのピアノ六重奏曲ニ長調をはじめ、シューベルトの有名なピアノ五重奏曲「ます」からの抜粋、さらに、珍しい五重奏版によるショパン「ノクターン第2番」など、19世紀ロマン派の佳品の数々を。小川は、旧オーストリア帝国領下にあったプラハの名工、アントン・シュヴァルトリンク製作のフォルテピアノ(1835年頃)を演奏する。また、開演前(11:00〜)には、音楽ライターの山野雄大によるプレトークも。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年4月号より)

2019.8/8(木)11:15 第一生命ホール
問:トリトンアーツ・チケットデスク03-3532-5702
https://www.triton-arts.net/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]