【SACD】J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(ヴァイオリン版/世界初録音)/レイチェル・ポッジャー

 ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラではない。正真正銘ヴァイオリンによって演奏されたバッハの無伴奏チェロ組曲である。編曲はポッジャー自身が担当、5弦チェロで高域が多用される第6番以外は全て1オクターヴ+5度高く調弦されて演奏されている(なお、第6番では幾つかの低域フレーズでヴィオラのC弦による音が編集によって付加)。実際に聴いてみるとチェロ版とは別の曲の趣で、いつもの使用楽器であるペザリニウス1739の音色はあくまで晴朗、その表現もチェロとは異なったヴァイオリンならではの軽やかさと躍動美を追求して惚れ惚れするほど見事な演奏を披露している。必聴。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
SACD『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(ヴァイオリン版/世界初録音)/レイチェル・ポッジャー』

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番〜第6番(ヴァイオリン版)

レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)

CHANNEL CLASSICS/東京エムプラス
OCCSSA 41119(2枚組) ¥5333+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]