【CD】ピアノ・ソロ2/ファジル・サイ

 ファジル・サイ自作ソロ曲のみによる録音。約40分にわたる大曲「トロイ・ソナタ」は、トロイ遺跡の世界遺産登録20周年を記念するフェスティバルのため作曲された。特殊奏法も含む枠に捉われない音楽表現を巧みに組み合わせ、エキゾチックなメロディを浮かび上がらせつつ、力強い物語を展開する。トルコ共和国建国の父アタテュルクが、邸宅横のプラタナスを守るため家の方を動かしたエピソードに基づく「動く邸宅」は、目まぐるしく表情を変える神秘的な響きの音楽が、優れた指導者の持つエネルギーを表すよう。新しさと懐かしさ、刺激が共存する。密度の濃い美音も魅力だ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
CD『ピアノ・ソロ2/ファジル・サイ』

ファジル・サイ:トロイ・ソナタ、「動く邸宅」より〈アタテュルクへのオマージュ〉、「ピアノの技法」より〈金髪の少女〉〈イスタンブールの冬の朝〉

ファジル・サイ(ピアノ)

エイベックス・クラシックス
AVCL-25988 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]