【CD】クリムトと1900年―ウィーンを巡る音楽―

 現在好評開催中、過去最大級のクリムト展とのタイアップ・アルバム。19〜20世紀を生きた稀代の「ファム・ファタル(運命の女)」にして、クリムトに強烈なインスピレーションを与えたミューズでもあったアルマ・マーラーの歌曲を中心に、世紀末ウィーンを彩った音楽が満載。特に人気ソプラノ、小川里美によるマーラー〈私はこの世に忘れられて〉、ドビュッシー〈美しい夕暮れ〉、J.シュトラウスⅡ〈ほろ酔いの歌〉の新録音3曲は聴き逃せない。第14回ウィーン分離派展のために描かれた大作《ベートーヴェン・フリーズ》の元ネタ「第九」の完全収録(DISC2)も嬉しい。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
CD『クリムトと1900年―ウィーンを巡る音楽―』

アルマ・マーラー:静かな街/グスタフ・マーラー:「リュッケルト歌曲集」より〈私はこの世に忘れられて〉/ドビュッシー:美しい夕暮れ/J.シュトラウスⅡ:ほろ酔いの歌/ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」 他

小川里美(ソプラノ)
佐藤正浩(ピアノ)
ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)
シュターツカペレ・ドレスデン 他

キングレコード
KICC-1479/80(2枚組) ¥2778+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]