【SACD】ハイドン:交響曲集Vol.7/飯森範親&日本センチュリー響

 飯森範親と日本センチュリー響のハイドン全集第7弾。モダン楽器を使いながら、歴史的情報を取り入れ、チェンバロも通奏低音で使う。斬新で現代的なハイドン。アンサンブルは上質で、透明な響きが美しい。交響曲第37番は最初期の作品だが、転調や対比の構築に後年の作品を予感させる。第78番は中期のハ短調作品で、管楽器の扱いが巧みで、むしろ明るさや楽しさが際立つ曲だ。第16番はフガートやバスの動きに工夫があり、爽やかな運動性もある。第100番「軍隊」では、細部まで緻密なテクスチュアが、野卑なほどの軍楽の響きと対置されることで、演奏の洗練ぶりがより強く印象づけられる。
文:横原千史
(ぶらあぼ2019年6月号より)

【Information】
SACD『ハイドン:交響曲集Vol.7/飯森範親&日本センチュリー響』

ハイドン:交響曲第37番・第78番・第16番・第100番「軍隊」

飯森範親(指揮)
日本センチュリー交響楽団

収録:2017年3月&8月、いずみホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00692 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]