第10回 フルート・ライヴ in Hakuju 2019

唯一無二の響きを1日2公演で堪能

工藤重典

 世界的奏者・工藤重典と、第一線で活躍する綺羅星のごとき名手たちがHakuju Hallに集うフルートの祭典「フルート・ライヴ」が、第10回を迎える。そこで今回は“10周年スペシャル”として、2時間半の拡大版コンサートの豪華2本立てで開催。20名のフルート奏者が、記念の舞台を華やかに彩る。

 もちろん、中心をなすのは、長年フランスを拠点に世界の最前線で活動を続けている工藤重典。さらに今回は特別ゲストとして、フランスからミシェル・モラゲス、韓国からイ・ジュヒという、ソロや室内楽で活躍中の名奏者が参加する。これに、東京フィル首席の神田勇哉やN響の梶川真歩など日本の実力派12名、「若い芽のカルテット」4名と「つくばフルートコンクール2018」優勝者を加えた多彩な顔ぶれが、妙なる競演を披露。また、大阪響首席ソロ・コンサートマスターの森下幸路、ハープの清水梨紗、ピアノの長崎麻里香と成田有花も出演し、色合いの変化と安定した響きをもたらす。

 プログラムの目玉は、2公演通してドップラーのフルート・デュオ全作品を聴けること。「ハンガリー田園幻想曲」でおなじみのカール・ドップラーは、弟フランツとのフルート・デュオで欧州を席巻した。その真髄を味わえるのは大きな妙味。これは多くのクラシック・ファンにも貴重な機会となる。このほか、Part1ではハイドン、ベートーヴェン、Part2ではバッハ、ベルリオーズ等の作品をレア体験できるし、「キラキラ星変奏曲」やショスタコーヴィチの「祝典序曲」も面白そう。響きの良いホールで華麗なサウンドに浸る稀有のチャンスをお見逃しなく!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.6/29(土) Part1 14:00 Part2 18:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
https://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]