【CD】シューマン:チェロ協奏曲 他/堤剛&小林研一郎&日本フィル

 わが国を代表する巨匠ふたりが揃った、今年1月の日本フィル定期が早くもCD化。シューマンのチェロ協奏曲は、今風の軽快さとは無縁の悠揚迫らぬ歩みで進み、不思議な“静けさ”すら漂う。堤の孤高の境地が示された表現を、小林がしっかりと受け止めて、余人の及ばぬ協奏の世界が創出される。チャイコフスキーの3番でも、第1楽章主部の力強い第1主題がしなやかに歌われるなど、全体に落ち着きや流麗さが際立ち、楽曲最後の祝祭まで深みを伴う。「炎のコバケン」という言葉だけでは表現し尽くせないような円熟のアプローチで、実演機会の少ない本作の真価を掬い上げる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年6月号より)

【Information】
CD『シューマン:チェロ協奏曲 他/堤剛&小林研一郎&日本フィル』

シューマン:チェロ協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第3番「ポーランド」

堤剛(チェロ)
小林研一郎(指揮)
日本フィルハーモニー交響楽団

収録:2019年1月、サントリーホール(ライヴ)
マイスター・ミュージック
MM-4056 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]