【CD】シューマン:チェロ協奏曲 他/堤剛&小林研一郎&日本フィル

 わが国を代表する巨匠ふたりが揃った、今年1月の日本フィル定期が早くもCD化。シューマンのチェロ協奏曲は、今風の軽快さとは無縁の悠揚迫らぬ歩みで進み、不思議な“静けさ”すら漂う。堤の孤高の境地が示された表現を、小林がしっかりと受け止めて、余人の及ばぬ協奏の世界が創出される。チャイコフスキーの3番でも、第1楽章主部の力強い第1主題がしなやかに歌われるなど、全体に落ち着きや流麗さが際立ち、楽曲最後の祝祭まで深みを伴う。「炎のコバケン」という言葉だけでは表現し尽くせないような円熟のアプローチで、実演機会の少ない本作の真価を掬い上げる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年6月号より)

【Information】
CD『シューマン:チェロ協奏曲 他/堤剛&小林研一郎&日本フィル』

シューマン:チェロ協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第3番「ポーランド」

堤剛(チェロ)
小林研一郎(指揮)
日本フィルハーモニー交響楽団

収録:2019年1月、サントリーホール(ライヴ)
マイスター・ミュージック
MM-4056 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回
      on 2019/12/11 at 05:55

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第6回 アムステルダム・運河の街 [&#8230 […]