【CD】シューベルト:4つの即興曲、ショパン:ピアノ・ソナタ第3番/有吉亮治

 ジュネーヴに留学し、現在はソロに室内楽に活躍する有吉亮治のデビュー盤。つぶやくように力なく始まった葬送行進曲が、フレーズごとに強さを増しながらテクスチュアを膨らませるシューベルトの即興曲第1番。出だしから楽譜を深く読む思慮、それを的確に音にする技量を感じる。ショパンのソナタ第3番では構成感を捕まえて、フィナーレに向かう大きな弧を描いてみせる。ロマン派のパッションを感情の迸りよりも落ち着いた流れとしてとらえ、音の美しさを保ちつつ、硬軟を使い分けながらシークエンスの変化を彩り豊かに聴かせる。その一貫した姿勢が清々しい。等身大の、充実した音楽だ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
CD『シューベルト:4つの即興曲、ショパン:ピアノ・ソナタ第3番/有吉亮治』

シューベルト:4つの即興曲op.90/ショパン:ピアノ・ソナタ第3番

有吉亮治(ピアノ)

録音研究室(レック・ラボ)
NIKU-9020 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]