水谷川優子 チェロリサイタル・シリーズ vol.Ⅻ

“ファミリー”で織りなす北欧とドヴォルザークの詩情

水谷川優子 ©Sakiko Nomura

 国際的なチェリストとして世界を駆けまわる水谷川優子が、毎年1回、仲間たちと共にバラエティに富んだプログラムを用意して、大切に開催し続けている「チェロリサイタル・シリーズ」。12回目となる今回は、2019年が日本・フィンランド外交樹立100周年であることを記念し、ラルフ・ゴトーニ(ピアノ)とマーク・ゴトーニ(ヴァイオリン)、フィンランドを代表する名手の父子を迎える。実はマークは水谷川のパートナー、ラルフは義父。長く共演を重ねる“ファミリー”での出演ということで、この記念の回への特別な意気込みが伝わる。
 前半は、シベリウスの小品に、作曲家でもあるラルフ・ゴトーニの新作初演、ゴトーニ家と親交があるというマッティ・ラウティオの佳品と、他では聴けないフィンランド作品集を。メインはあえて北欧を離れて、3人で最も弾きこんでいる曲というドヴォルザークのピアノ三重奏曲「ドゥムキー」を。最高の自信作での水谷川(ゴトーニ)ファミリーの交歓は見逃せない。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年4月号より)

日本・フィンランド外交樹立100周年記念
水谷川優子 チェロリサイタル・シリーズ vol.Ⅻ
2019.5/10(金)19:00 紀尾井ホール
問:コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]