【CD】Four Elements Vol.1:Water/小菅優

 ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏と録音を終え、「四元素」と題したコンサートシリーズを行っている小菅優が、ついにそのシリーズの第1弾を録音で発表した。今回は「水」をテーマに様々な国の、水に直接、もしくは間接的に関わる楽曲を集めた。思索的で哲学的なアイディアのもとに集められた楽曲たちが、小菅の豊かな表現力によって鮮やかに彩られながら、藤倉大の「Waves」を軸に静謐と激情の“波”が押し寄せてくる。改めて小菅優というピアニストの奏でる音楽があらゆる芸術への造詣の深さによって導き出されたものであることが実感できるだろう。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年3月号より)

【Information】
CD『Four Elements Vol.1:Water/小菅優』

メンデルスゾーン:「無言歌集」より「ヴェネツィアのゴンドラの歌第1番〜第3番」/フォーレ:舟歌第5番・第10番・第11番/ラヴェル:水の戯れ/藤倉大:Waves/ショパン:舟歌/武満徹:雨の樹素描Ⅰ・Ⅱ/リスト:エステ荘の噴水、バラード第2番 他

小菅優(ピアノ)

ORCHID CLASSICS/ナクソス・ジャパン
NYCX-10037 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]