東京六人組からの誘い

若き6人の名手たちが贈るインティメイトなコンサート

 音楽家が、自宅サロンに聴衆をお迎えする――。「全席がS席」とも言える音響と、全300席という親密な空間を擁するホールならではのコンセプトに基づく、新シリーズ「Hakuju サロン・コンサート」がスタート。一線楽団の首席奏者、国際的に活躍するソリストらで組織された気鋭のアンサンブル「東京六人組」が、その幕開けを飾る。

 アメリカを拠点にソロ活動を行う上野由恵(フルート)に、東京交響楽団の荒絵理子(オーボエ)と福士マリ子(ファゴット)、読売日本交響楽団の金子平(クラリネット)、NHK交響楽団の福川伸陽(ホルン)と各楽団の首席奏者たち、そして、2001年にマリア・カナルス国際音楽コンクールを制した三浦友理枝(ピアノ)という豪華な顔ぶれ。

 プーランク「六重奏曲」など、この編成のためのオリジナル作品に、プーランクの交響詩「魔法使いの弟子」など編曲も交え、自在な選曲で魅せる。かつて、ヨーロッパに、ひとつの潮流をもたらしたサロン文化。たおやかな響きが“現代のサロン”の誕生を、高らかに宣言する。
文:笹田和人

Hakuju サロン・コンサート vol.1 
東京六人組からの誘い
2019.4/16(火)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
https://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回
      on 2019/12/11 at 05:55

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第6回 アムステルダム・運河の街 [&#8230 […]