【CD】モーツァルト:ファゴット協奏曲&交響曲第29番 他/ウィーン・クラシックス

 そのサウンドに、私たち日本人が郷愁を覚えるのは、なぜなのだろう。ウィーン・フィルの大ベテラン・ファゴット奏者のミヒャエル・ウェルバが、10人の若き弦楽奏者をはじめ、同僚たちと結成したアンサンブル「ウィーン・クラシックス」。ウェルバの“吹き振り”で収録されたモーツァルト作品集は、弦楽器の細やかなヴィブラート遣いやウィーン・スタイルの管楽器の独特の音色が際立つなど、小編成ならではの滋味に溢れている。まさにウィーン・フィル・サウンドのエッセンスで、“音楽の街”の伝統そのものと言えよう。2009年に発表された、日墺交流140周年記念盤の新リマスタリング。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年3月号より)

【Information】
CD『モーツァルト:ファゴット協奏曲&交響曲第29番 他/ウィーン・クラシックス』

モーツァルト:交響曲第1番・第29番、ヴァイオリン協奏曲第4番、ファゴット協奏曲

ウィーン・クラシックス
ミヒャエル・ウェルバ(指揮/ファゴット)
ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン)

マイスター・ミュージック
MM-4050 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]