【CD】モーツァルト:ファゴット協奏曲&交響曲第29番 他/ウィーン・クラシックス

 そのサウンドに、私たち日本人が郷愁を覚えるのは、なぜなのだろう。ウィーン・フィルの大ベテラン・ファゴット奏者のミヒャエル・ウェルバが、10人の若き弦楽奏者をはじめ、同僚たちと結成したアンサンブル「ウィーン・クラシックス」。ウェルバの“吹き振り”で収録されたモーツァルト作品集は、弦楽器の細やかなヴィブラート遣いやウィーン・スタイルの管楽器の独特の音色が際立つなど、小編成ならではの滋味に溢れている。まさにウィーン・フィル・サウンドのエッセンスで、“音楽の街”の伝統そのものと言えよう。2009年に発表された、日墺交流140周年記念盤の新リマスタリング。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年3月号より)

【Information】
CD『モーツァルト:ファゴット協奏曲&交響曲第29番 他/ウィーン・クラシックス』

モーツァルト:交響曲第1番・第29番、ヴァイオリン協奏曲第4番、ファゴット協奏曲

ウィーン・クラシックス
ミヒャエル・ウェルバ(指揮/ファゴット)
ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン)

マイスター・ミュージック
MM-4050 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]