【CD】ノクターン/ヴァンゲリス

 映画音楽の分野でも巨匠的存在のヴァンゲリスの、初となるグランド・ピアノのためのオリジナル作品集。初披露となる11曲に加えて、『炎のランナー』『ブレードランナー』など代表作の新編曲も収められている。“エレクトロニカの父”と称せられる通り、壮大なシンセサイザー・サウンドを映画界にもたらした彼だが、今回は、シンプルながら深い魅力にあふれた旋律線を前面に出し、新境地を開拓。常に透明感ある美音が、75歳を迎えた巨匠の、ピアニストとしての非凡さを知らしめる。かたや、リバーブや薄く重ねたシンセ音で、響きの空間を自在に操るなど、ヴァンゲリスらしさも全篇に溢れている。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年3月号より)

【Information】
CD『ノクターン/ヴァンゲリス』

ヴァンゲリス:ノクターナル・プロムナード、見知らぬ男、ムーンライト・リフレクションズ、海辺の少女、ロンギング、炎のランナー、満たされない想い、1492 コロンブス、メリアのために 他

ヴァンゲリス(ピアノ) 他

ユニバーサル ミュージック
UCCL-1210 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]