デュオ ハヤシ リサイタル

結成45周年! 熟成のソナタを聴こう


 長い期間にわたり、これほど高い質を保つのに、どれほどの真摯な努力が重ねられてきたことか。夫婦ならではの息の合ったプレイで、室内楽の魅力を伝え続ける、チェロの林俊昭とピアノの林由香子による「デュオ ハヤシ」。日本で初の本格的デュオとして活動を開始してから、今年で45周年の節目を迎えた。

 記念リサイタルは、「時間をかけて培ってきた」と2人の自信みなぎる、ベートーヴェン後期の傑作「チェロとピアノのためのソナタ第4、5番」をメインに。18歳の若きリヒャルト・シュトラウスによる、鮮烈な魅力に満ちた野心作「ソナタ ヘ長調」と、メンデルスゾーンの「無言歌」が併せて披露される。

 共に桐朋学園大に学び、1973年にデュオ活動を開始。渡欧して、ウィリアム・プリースら大家の指導を仰ぎ、イタリアを中心に60余回のステージを重ね、数々の登竜門でも実績を残した。帰国後は演奏活動の一方、マスタークラスやイタリアでのコンクール開催など、後進の指導にも尽力。2人が奏でる第1主題は、「室内楽の未来」なのかもしれない。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年3月号より)

2019.3/10(日)14:00 王子ホール
問:アスペン03-5467-0081
http://www.aspen.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]