【CD】ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」/久石譲&ナガノ・チェンバー・オーケストラ

 久石譲が、音楽監督を務めるナガノ・チェンバー・オーケストラ(NCO)と、ついに「第九」をリリースした。腕のいい若手を結集したNCOの機能性、絞り込んだ編成だからこその透明度、生き生きとしたアーティキュレーションなど美質は多々あるが、最大の魅力は全編を貫いている疾走感。ピリオド・アプローチとも似て非なるこのリズム感・躍動感が、「ロックの先をいくベートーヴェン」という現代的コンセプトを体現している。裾野の広い聴衆を持つ久石だが、本作はこれからクラシックに親しみたいというファンのみならず、コア層にも訴えるクオリティとアクチュアリティを持っている。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年3月号より)

【Information】
CD『ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 /久石譲&ナガノ・チェンバー・オーケストラ』

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

久石譲(指揮) ナガノ・チェンバー・オーケストラ
安井陽子(ソプラノ) 山下牧子(メゾソプラノ)
福井敬(テノール) 山下浩司(バリトン)
栗友会合唱団 信州大学混声合唱団 市民合唱団

収録:2018年7月、長野市芸術館 メインホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00699 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]