第483回 日経ミューズサロン アムステル・カルテット

“世界で最もカラフル”なサクソフォン・グループの魅力を


 クラシック、ポップス、ジャズ、ワールド・ミュージック、果ては最新のミニマル・サウンドまで。「カメレオンのよう」と形容される変幻自在なサウンドで、聴衆を虜にするのが、オランダのサクソフォン四重奏団「アムステル・カルテット」。伝統にとらわれぬ、しなやかな音楽創りこそ、サクソフォンという楽器の真骨頂だ。

 自分たちのために作曲・編曲された多彩なレパートリーを携えての、国際的な活動を通じて、「世界で最もカラフル」と称される4人のプレイ。日経ミューズサロンでのステージでは、まず、ワーグナー《ニーベルングの指環》をはじめ、フランク、ブラームス、チャイコフスキーのオーケストラ・サウンドを独創的に“再構築”。

 さらに、映画『ミッション』からモリコーネ「ガブリエルのオーボエ」など、銀幕を彩った名旋律の数々も。現代を代表する名奏者アルノ・ボーンカンプのもと、アムステルダム音楽院で学んだ俊英たちにより、1997年に結成され、数々の受賞にも輝く精鋭集団。「これでもか」と言うほどに深遠な、彼らの音の宇宙を覗き見てみたい。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年3月号より)

2019.4/18(木)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]