【CD】Beans/佐藤采香&清水初海

 2018年にユーフォニアムでは世界最高峰とされるリエクサ国際コンクールで日本人初優勝を果たしたほか数々の受賞歴を誇り、ぱんだウインドオーケストラの中心メンバーも務める、東京藝大出身の気鋭奏者のデビューCD。まずは、20世紀半ば以降のオリジナル曲を揃えて同楽器の真髄を存分に聴かせる内容が光る。演奏は驚きの一語。肉感的でふくよかな音色、滑らかでしなやかな歌い回し、唖然とするほど鮮やかな速吹き等の超絶技巧が終始続く。中でも定番のホロヴィッツの協奏曲やウィルビーの難曲は聴き応え満点。同楽器になじみのない方もぜひご一聴を!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『Beans/佐藤采香&清水初海』

久保哲朗:Beans/真島俊夫:二つの夢「ユーフォニアム・カプリチオーソ」/セムレ=コルリー:サクソルニア/ホロヴィッツ:ユーフォニアム協奏曲/スパーク:パントマイム/ウィルビー:フライト/リチャーズ:「ピラトゥス」山の歌

佐藤采香(ユーフォニアム)
清水初海(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCC-00147 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]