セルゲイ・アントノフ 無伴奏チェロ・リサイタル

巨匠ロストロポーヴィチへの賛美

 「無垢の自分を、さらけ出す」。チェリストは皆、そんな気持ちで無伴奏リサイタルに臨んでいるに違いない。2007年に開かれた第13回チャイコフスキー国際コンクールで優勝し、一躍、国際的な脚光を浴びたロシアの俊英、セルゲイ・アントノフにとっても、きっとそうだろう。

 コンクールを制する前年、アメリカでムスティスラフ・ロストロポーヴィチのマスタークラスに参加し、「素晴らしいチェリスト」と絶賛されたアントノフ。その言葉は輝かしい未来への“予言”ともなった。優勝を果たして以降、オーケストラとの共演や室内楽、リサイタルにと精力的に活動。14年からは、指揮者としても活躍している。

 たった一人でチェロを手に、4つの佳品と聴衆へ対峙する、無伴奏リサイタル。まずは、チェリストたちがこぞって「聖典」と位置づける、バッハの6つの組曲から「第1番」を。そして、この偉大な作品への時空を超えた“返歌”とも言うべき、リゲティとコダーイのソナタ、恩師ロストロポーヴィチの「2つのエチュード」を配する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年2月号より)

第482回 日経ミューズサロン
セルゲイ・アントノフ 無伴奏チェロ・リサイタル
2019.3/4(月)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5281-8067
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]