【CD】ブルックナー:交響曲第8番/尾高忠明&大阪フィル

尾高忠明の大阪フィル第3代音楽監督就任披露公演ライヴ。朝比奈隆が最も得意としたブルックナーの大作「第8番」を敢えてぶつけてきた所に尾高の意気込みと覇気が伝わってくる。冒頭楽章から大変美しい仕上がりだ。何もしていないようで、しみじみと感動させられるところは朝比奈にも通じる。その研ぎ澄まされた美感は朝比奈以上か。アダージョもとてもきれい。第1主題のハープを伴ったコラールや第2主題後半の高揚は絶品。ハース版挿入句の繊細な扱いも特筆に値する。華麗なフィナーレは再現部以降でギアが上がる。「朝比奈のDNA」を継承する超名演だ。
文:横原千史
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『ブルックナー:交響曲第8番/尾高忠明&大阪フィル』

ブルックナー:交響曲第8番(ハース版)

尾高忠明(指揮)
大阪フィルハーモニー交響楽団

収録:2018年4月、フェスティバルホール(ライヴ)
フォンテック
FOCD9795/6(2枚組) ¥3500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]