チョン・ミョンフン(指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団

“特別なコンビ”が導く魂の浄化

チョン・ミョンフン
©上野隆文

 チョン・ミョンフンと東京フィルは特別な関係にある。ポスト(現在は名誉音楽監督)を保ち続けて18年。昨年取材した際に彼は「オーケストラとは最初の共演で知り合い、友達から親友になり、最終的には家族になります。私は意味深い関係を長く続けてきた東京フィルを“日本の家族”と呼んでいます」と語っていた。“家族”になった近年の両者は、一段高い境地に達している。パッショネイトな面は不変だが、以前に比べて肩の力が抜けた、スケール大にしてニュアンス豊かな表現を聴かせるようになった。

 演奏会形式の《フィデリオ》や姉キョンファとのブラームスのヴァイオリン協奏曲などの雄弁な演奏で感銘を与えた今シーズンの最後を飾るのは、2月のマーラーの交響曲第9番。当コンビのマーラーもまた特別だ。2001年「復活」の感動的熱演以降、毎回濃密な演奏を聴かせ、16年の第5番、17年の「復活」では、まさしく一段上の名演を展開している。それだけに究極の交響曲=第9番への期待は絶大だ。

 緩-急-急-緩の異例の構成で「死に絶えるように」終わるこの特別な交響曲。マエストロ・チョンは「この曲で明確なのは、人生が終わりに来ているということ。第1楽章の冒頭から心臓の鼓動が弱々しく刻まれ、ヴァイオリンのフレーズが『さようなら』と言っています」と話していた。10年以上前の彼とN響や東京フィルのライヴは、前半抑え気味で、後半に人生最期の情熱をぶつけるような演奏だったが、“家族”と奏でる今回は果たしてどうなるのか? “特別なコンビ”が披露する“特別な作品”に“特別な注目”が集まる。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年2月号より)

第916回 サントリー定期シリーズ
2019.2/15(金)19:00 サントリーホール
第917回 オーチャード定期演奏会
2019.2/17(日)15:00 Bunkamuraオーチャードホール
第123回 東京オペラシティ定期シリーズ
2019.2/20(水)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:東京フィルチケットサービス03-5353-9522 
http://www.tpo.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]