小林海都 ピアノ・リサイタル

多彩な選曲で魅せる瑞々しい感性

 ピアニストの小林海都は第12回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール カテゴリーBにて歴代最年少第1位およびハイドン賞を受賞し、第11回東京音楽コンクールピアノ部門でも第2位を獲得するなど、国内外の数多くのコンクールで優勝や上位入賞を重ねている。エリーザベト王妃音楽院(ベルギー)にてマリア・ジョアン・ピリスに師事し、現在もピリスが力を注ぐ若手育成のための「パルティトゥーラ・プロジェクト」の重要なメンバーの一人として世界を飛び回る小林は現在、バーゼル音楽院で更なる研鑽を積んでいる。
 伸び盛りの輝きに溢れた実力を今回はすみだトリフォニーホールで披露してくれるが、そのプログラムはハイドンにスクリャービン、ストラヴィンスキーにシューベルトと非常に幅広い。軽やかさ、幅広いダイナミクス、豊かな歌心、音色の多彩さなど様々な要素が求められるプログラムを“国際派”の俊英がどのように魅せてくれるか、大きな期待と共に味わいたい。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年2月号より)

2019.2/7(木)19:00 すみだトリフォニーホール(小)
問:トリフォニーホールチケットセンター03-5608-1212 
https://www.triphony.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]