夜クラシック Vol.20 山根一仁(ヴァイオリン) & 北村朋幹(ピアノ)

ドイツを拠点に活躍する若き二人の“夜の調べ”

 真っ暗なホールにドビュッシー「月の光」が静かに流れ、ステージ中央が明るくなると演奏者がまるで月の光に照らされるように浮かび上がる…。毎回この素敵な演出で幕を開ける平日19時半スタート(仕事帰りにぴったり)の約90分間の室内楽コンサート。
 5年目を迎えた2018/19シーズンの最後を飾るのは、それぞれドイツで研鑽を積みながら自身の音の世界を広げている若き俊英、山根一仁(ヴァイオリン、ドイツ国立ミュンヘン音楽演劇大学に在籍中)と北村朋幹(ピアノ、フランクフルト音楽・舞台芸術大学に在籍中)。
 充実のプログラムは神秘的なシマノフスキ「神話-3つの詩」の第1曲「アレトゥーサの泉」をはじめ、シューベルト「ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第2番」やブラームス「ヴァイオリン・ソナタ第3番」など本格的だが、トークも交えて和やかに進行するので初心者も心配ご無用。もちろん、バルトーク「狂詩曲第1番」のような佳曲もあり、コア・ファンも聴き逃せない!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年2月号より)

2019.2/22(金)19:30 文京シビックホール
問:シビックチケット03-5803-1111
https://www.b-academy.jp/hall/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アムステルダム・運河の街のエラール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第6回
      on 2019/12/11 at 05:55

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第6回 アムステルダム・運河の街 [&#8230 […]