【SACD】ドビュッシー:前奏曲集(全曲)/横山幸雄

 16歳で渡仏し、パリ国立高等音楽院で学んだ横山幸雄による、久しぶりのフランスものの録音。円熟期のドビュッシーが書き上げた前奏曲集を、丁寧に冷静に音にしてゆくことで、ドビュッシーならではのハーモニーの妙やそこから生まれる色彩をありありと浮かび上がらせる。〈西風の見たもの〉や〈沈める寺〉での気品の保たれたドラマティックな表現、〈雪の上の足跡〉での聴き手を吸い込むような静けさの表現も魅力。情熱的だが、透明感があってどこかひんやりとした感触の音が、作品によく合う。甘すぎないドビュッシーの美しい世界が広がる。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
SACD『ドビュッシー:前奏曲集(全曲)/横山幸雄』

ドビュッシー:前奏曲集第1集・第2集

横山幸雄(ピアノ)

アールアンフィニ(ソニー・ミュージックダイレクト/ミューズエンターテインメント)
MECO-1052 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]