【SACD】ドビュッシー:前奏曲集(全曲)/横山幸雄

 16歳で渡仏し、パリ国立高等音楽院で学んだ横山幸雄による、久しぶりのフランスものの録音。円熟期のドビュッシーが書き上げた前奏曲集を、丁寧に冷静に音にしてゆくことで、ドビュッシーならではのハーモニーの妙やそこから生まれる色彩をありありと浮かび上がらせる。〈西風の見たもの〉や〈沈める寺〉での気品の保たれたドラマティックな表現、〈雪の上の足跡〉での聴き手を吸い込むような静けさの表現も魅力。情熱的だが、透明感があってどこかひんやりとした感触の音が、作品によく合う。甘すぎないドビュッシーの美しい世界が広がる。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
SACD『ドビュッシー:前奏曲集(全曲)/横山幸雄』

ドビュッシー:前奏曲集第1集・第2集

横山幸雄(ピアノ)

アールアンフィニ(ソニー・ミュージックダイレクト/ミューズエンターテインメント)
MECO-1052 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]