ロレンツォ・ヴィオッティ(指揮) 東京交響楽団

世界が注目する俊才のタクトで聴く圧巻の“ヴェルレク”

ロレンツォ・ヴィオッティ
C)Marcia Lessa

 今年度、東京交響楽団の定期演奏会が、なかなか熱い。特にこの秋は、スダーンの緻密にして自然体で美しいベートーヴェン、エッティンガーの超個性的なベルリオーズの熱狂的快(怪)演、大いに聴衆の感動と興奮を誘ったノットの雄大なラフマニノフ。タイプの違う名演を連続している。
 そんな充実の東響、新年1月定期と川崎での「名曲全集」に登壇するのが、ロレンツォ・ヴィオッティ。まだ20代ながら、欧州での飛躍が著しい俊才だ。既に日本の楽団にも客演を重ねて、独墺・仏・露の名作を中心に、瑞々しい感性と色彩感あふれる演奏で評価を高めてきた。そして東響と3度目の共演となる今回、いよいよイタリアもの、それもヴェルディの「レクイエム」を取り上げる。50歳で急逝した名指揮者マルチェッロ・ヴィオッティの息子である彼が、満を持してイタリアの代表的傑作を取り上げる覚悟はいかばかりか、推して知るべし。
 ソリストも豪華。欧米の檜舞台に出演を重ねてきた無二のプリマドンナ森谷真理(ソプラノ)、力強い美声でオペラにコンサートに活躍中の清水華澄(メゾソプラノ)、押しも押されもせぬ日本のドラマティック・テノール福井敬、欧州トップの舞台で活躍、東響とも共演済みのリアン・リ(バス)。中でもソプラノが圧倒的存在感を見せる終曲「リベラ・メ」を、森谷の世界水準の歌唱で堪能できるのは嬉しい。合唱は大曲でも高い技量と迫力を聴かせてきた東響コーラス。全てに役者が揃った。あとはロレンツォと東響が作りあげる、熱きヴェルディの音に浸るのみ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年1月号より)

第667回定期演奏会
2019.1/12(土)18:00 サントリーホール
第144回名曲全集
2019.1/13(日)14:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511 
http://tokyosymphony.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック