朝活コンサートVol.3 梅村知世(ピアノ) & 鈴木 舞(ヴァイオリン)

作曲家と作品の背景に親しむセミナー&コンサート

 浜離宮朝日ホールを会場に、平日の午前に開かれる「朝活コンサート」。このシリーズは朝10時半にスタートし、前半45分間は「プレセミナー」として作品や当日の音楽文化などについて学び、後半60分でコンサートを楽しむというもの。第3回の奏者はピアノの梅村知世とヴァイオリンの鈴木舞。「春、愛、恋」をテーマに、チャーミングな小品を聴かせる。ピアノ・ソロはグリーグの「ペールギュント」組曲の「朝」、抒情小曲集から「蝶々」「小鳥」、シューマン=リスト「献呈」など、ヴァイオリンとピアノのデュオはモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第25番K.301や、クライスラーの「美しきロスマリン」など、“朝”に心地よく聴ける美しいプログラムだ。
 プレセミナーに登壇するのは小沼純一(早稲田大学教授/音楽・文芸批評家)。クラシックの作曲家たちが、いかに自然美に触発され、その感性をどう作品に投影させたのか、プログラムの作曲家や作品にまつわるトークを展開する。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2019年1月号より)

2019.2/8(金)10:30 浜離宮朝日ホール
問:ピティナ03-3944-1583 
http://www.piano.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]