ヒュー・ウルフ(指揮) 新日本フィルハーモニー交響楽団

輝かしいファンファーレが鳴り響くコープランド祭り!


 新日本フィルの記念すべき第600回定期演奏会は、なんと、オール・コープランド・プログラム。20世紀アメリカを代表する作曲家に光を当てる。曲は「市民のためのファンファーレ」、クラリネット協奏曲、交響曲第3番。セント・ポール室内管弦楽団音楽監督他のポストを歴任し、現在はベルギー国立管弦楽団音楽監督のヒュー・ウルフが指揮を務める。
 「市民のためのファンファーレ」はコープランド作品のなかでも、もっとも知られる名曲だろう。吹奏楽の世界でも人気が高い。クラリネット協奏曲はジャズ・クラリネット奏者として名高いあのベニー・グッドマンの依頼によって書かれた作品。ジャズの語法を交えながら、明快で精彩に富んだ楽想が繰り広げられる。ソリストは新日本フィル首席クラリネット奏者の重松希巳江。鮮やかなソロで作品の真価を伝えてくれることだろう。
 交響曲第3番は1946年に初演された作品で、作曲者の最高傑作とも評される。生涯にわたってさまざまに作風を変遷させたコープランドだが、この曲は伝統的な交響曲の枠組みのなかで、アメリカ的なるものを追求した作品といっていいだろう。終楽章では「市民のためのファンファーレ」の主題が引用され、壮麗なクライマックスを築きあげる。
 つまり、この日は「市民のためのファンファーレ」で始まって、「市民のためのファンファーレ」パワーアップ版で輝かしく幕を閉じるのだ。実に魅力的なプログラムではないだろうか。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2019年1月号より)

第600回 定期演奏会 ジェイド〈サントリーホール・シリーズ〉
2019.2/7(木)19:00 サントリーホール
問:新日本フィル・チケットボックス03-5610-3815 
https://www.njp.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]