Music Program TOKYO シャイニング・シリーズ Vol.3 レクチャーコンサート ロッシーニの魅力 再発見!

天国のロッシーニも大満足の好企画

 今年はロッシーニの没後150年。そんな記念の年にふさわしいレクチャーコンサートが東京文化会館小ホールで開催される。
 今回の公演は同ホールのシャイニング・シリーズ Vol.3として開催されるもので、東京音楽コンクール上位入賞者を中心に、総勢14名ものアーティストたちが出演するのが大きな特徴だ。ソプラノの天羽明惠、メゾソプラノの富岡明子、高橋華子、バリトンのヴィタリ・ユシュマノフといった歌手陣をはじめとして、ヴァイオリンの岸本萌乃加やクラリネットのアレッサンドロ・ベヴェラリなど、多彩な器楽奏者たちも出演して、ロッシーニ作品の魅力に多角的に迫る。オペラ《チェネレントラ》からの六重唱や、《湖の女》の三重唱などに加えて、クラリネットとピアノのための幻想曲など、器楽作品も取り上げられるのが好奇心を刺激する。
 解説はロッシーニ研究で知られる水谷彰良。ひと味違ったトークで、ロッシーニの魅力を再発見することができるだろう。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2018年11月号より)

2018.11/17(土)15:00 東京文化会館(小)
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]