クァルテットウィークエンド 2018-2019 新旧ウィーン楽派&シューベルト後期最終回 ウェールズ弦楽四重奏団

シューベルト後期作品の頂に挑む最終章

C)Satoshi Oono

 2006年に結成され、08年にはミュンヘン国際音楽コンクールにて第3位入賞を果たして一躍世界的な注目を集めたウェールズ弦楽四重奏団。数々の演奏会、音楽祭への出演など、多彩な演奏活動を展開しながら、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲録音に取り組んでおり、その演奏も非常に高く評価されている。メンバー全員が日本を代表するオーケストラに所属しており、各々の実力の高さとアンサンブル力は折り紙付きの彼らは、16年より第一生命ホールでシューベルトの後期作品に取り組むシリーズを開始しており、今回で遂に最終回となる。核となる曲はシューベルトの弦楽四重奏曲第15番。
 「オーケストラのようなダイナミックさがある」と同時に、「様々な節目で演奏してきた」という大切な作品であり、フィナーレを飾るにふさわしい。またこのシューベルト・シリーズで特徴的なのが、シューベルトの作品と絶妙にリンクするウィーンの様々な作品が並ぶ点にある。今回はモーツァルトの弦楽四重奏曲第15番とウェーベルンの「6つのバガテル」を選曲。「同時に演奏するプログラムにもストーリーを感じてほしい」ということで、前回(17年)のプログラムとリンクするように選曲されている。「僕たちのやりたいことを助けてくれるホール」だという第一生命ホールでのシューベルト・シリーズ集大成。体力、構築力、表現力が必須な難曲揃いだが、いまの彼らの最高の演奏で聴かせてくれるに違いない。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2018年11月号より)

2018.11/24(土)14:00 第一生命ホール
問:トリトンアーツ・チケットデスク03-3532-5702 
http://www.triton-arts.net/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]