菅野 潤(ピアノ) ドビュッシーへのオマージュ〜特別ゲストを迎えて 第2回 詩とドビュッシー

移りゆく色彩、匂い立つフランスの詩情を旋律にのせて

C)吉田タイスケ

 パリを拠点に国際的なステージ活動を展開するピアノの名匠・菅野潤が、作曲家没後100年に贈るシリーズ「ドビュッシーへのオマージュ」。第2回は「詩とドビュッシー」をテーマに。フランス歌曲のスペシャリスト、ソプラノのマリア=ドローレス・アルデアをゲストに迎えて、ヴェルレーヌやボードレールの詩による歌曲や、ピアノ・ソロ作品を紡ぐ。
 桐朋学園大学卒業後、メシアン夫妻の招きで渡仏してパリで学び、その演奏が「正統的」と高く評価される菅野。一方で、 ベルギーのドキュメンタリー映画『スネーク・ダンス』(2012年)の音楽を担当するなど、しなやかな活動が光る。一方、アルデアはスペイン出身、伝説の名バリトン、ジェラール・スゼーの薫陶を受けた。
 今回は、アルデアとの共演で、「艶やかなる宴 第1集」などヴェルレーヌの詩に基づく歌曲や「ボードレールの詩による5つの歌曲」を披露。さらに、「ベルガマスク組曲」から〈前奏曲〉〈月の光〉、「前奏曲集」から〈音と香りは夕暮れの大気の中を漂う〉など5曲を、菅野がソロで色彩豊かに弾く。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年11月号より)

2018.12/4(火)19:00 東京文化会館(小)
問:コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]