チェコ・フィルハーモニー室内合奏団

“弦の国”チェコならではの芳醇な音色


 チェコの名門オーケストラのトップ弦楽器奏者を中心に組まれている、チェコ・フィルハーモニー室内合奏団。1980年創立の常設団体で、指揮者なしでの合奏を中心に、内外の名手をリーダーに迎えながら独自の音色を熟成させてきた。2014年からはチェコ・フィルハーモニーの主催で定期的な公演が開催されているほか、合奏団として海外ツアーも度々行うなど、その魅力を世界中に伝えている。
 2年ぶりの来日となる10月に、十数人という編成での演奏に適したフィリアホール公演で取り上げるのは、前半はバッハ「G線上のアリア」、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」など、バロック、古典の名曲。後半は「ユモレスク」、「弦楽セレナード」ほか、自家薬籠中のドヴォルザーク作品を。いずれも本体のチェコ・フィルの日本公演ではなかなか聴けない曲目ばかりだし、「弦のチェコ・フィル」と称えられてきた伝統のエッセンスを、名作中の名作たちで存分に味わえるのは嬉しい限りだ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年10月号より)

2018.10/8(月・祝)14:00 フィリアホール
問:フィリアホールチケットセンター045-982-9999
  メロス・アーツ・マネジメント03-3358-9005
http://www.melosarts.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 「La Valse by ぶらあぼ」アクセス障害につきまして(復旧しました)
      on 2019/08/23 at 19:00

      2019/08/23(金)13時頃より、AWSサーバーにて大規模な通信障害が発生し、 本WEBサイト「La Valse by ぶらあぼ」が閲覧ができない状況となっておりましたが、2019/08/24(土)3時に復旧いたしました。ご不便をおかけして大変申し訳ございませんでした。 本対応にともない、障害の前後の時間帯にご登録頂いた一部のユーザーの方を対象に会員の再登録のお願いしております。対象となる方 [&#8230 […]