チェコ・フィルハーモニー室内合奏団

“弦の国”チェコならではの芳醇な音色


 チェコの名門オーケストラのトップ弦楽器奏者を中心に組まれている、チェコ・フィルハーモニー室内合奏団。1980年創立の常設団体で、指揮者なしでの合奏を中心に、内外の名手をリーダーに迎えながら独自の音色を熟成させてきた。2014年からはチェコ・フィルハーモニーの主催で定期的な公演が開催されているほか、合奏団として海外ツアーも度々行うなど、その魅力を世界中に伝えている。
 2年ぶりの来日となる10月に、十数人という編成での演奏に適したフィリアホール公演で取り上げるのは、前半はバッハ「G線上のアリア」、モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」など、バロック、古典の名曲。後半は「ユモレスク」、「弦楽セレナード」ほか、自家薬籠中のドヴォルザーク作品を。いずれも本体のチェコ・フィルの日本公演ではなかなか聴けない曲目ばかりだし、「弦のチェコ・フィル」と称えられてきた伝統のエッセンスを、名作中の名作たちで存分に味わえるのは嬉しい限りだ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年10月号より)

2018.10/8(月・祝)14:00 フィリアホール
問:フィリアホールチケットセンター045-982-9999
  メロス・アーツ・マネジメント03-3358-9005
http://www.melosarts.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]