小山実稚恵の室内楽 〜ブラームス、熱く深い想いをつなげて

ブラームスの傑作を共感しあえる名手と共に


 日本を代表するピアニストの小山実稚恵が、第一生命ホールを舞台に新シリーズ「小山実稚恵の室内楽〜ブラームス、熱く深い想いをつなげて」をスタートさせる。「最近は“弾く”ことよりも、“感じる”ことに喜びを見出している」と小山。彼女の静かな、しかし熱い気持ちが、客席へと広がってゆく。
 「ブラームスは、深くじっくりと構えたやさしさが感じられて、胸に沁みます。聴き終わった後に、静かだけれど熱い感動がいつまでも残って…」。シリーズ開始のきっかけは2年前、アルティ弦楽四重奏団と共演し、ブラームス「ピアノ五重奏曲」ほかを弾いたステージ。「尊敬できる皆さんと、一瞬一瞬を共に感じられるのがうれしい」と言う。
 シリーズでは毎回、ブラームスの作品を核に据え、編成や成立経緯などで関連性を有する、他の作曲家の佳品を組み合わせる。初回は、「音楽的にギリギリを攻めつつ、絶妙の均衡を保つ。本当に圧倒的」と小山が評する、アルティ弦楽四重奏団が登場。前半はブラームス「弦楽四重奏曲第3番」を。後半は小山が加わり、シューマン「ピアノ五重奏曲」を披露する。
 また、第2回では「霊感に満ちた集中力がすばらしい。共演は20年来の悲願」(小山)という、アルティ弦楽四重奏団のメンバーで世界的ヴィオリスト、川本嘉子とのデュオで「3大B」。ブラームス「ヴィオラ・ソナタ第1番」を軸に、「F.A.E.ソナタ」から「スケルツォ」、バッハ「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第2番」、ベートーヴェン「チェロ・ソナタ第3番」(いずれもヴィオラ編曲版)を弾く。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年9月号より)

第1回 ピアノ五重奏 アルティ弦楽四重奏団とともに 
2018.9/30(日)14:00
第2回 ヴィオラ&ピアノ・デュオⅠ 川本嘉子とともに 
2018.12/22(土)14:00
第一生命ホール
問:トリトンアーツ・チケットデスク03-3532-5702 
http://www.triton-arts.net/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]