【SACD】ディヴィーナ/藤田美奈子

 ミラノやヴェローナで研鑽を積み、在学中に数々のコンクールにて入賞。欧州オペラ・デビューの際には、存在感ある演技力に加えてテクニックと美声を絶賛されたソプラノのデビュー盤。高音に秀で「イタリアの色」とも云うべき爽やかさに溢れる声質を強みに、ベッリーニ《夢遊病の女》の華々しいカヴァレッタやヴェルディ《椿姫》〈花から花へ〉の難しい締めにも果敢に挑む姿勢が見事だ。情熱的なプッチーニやマスカーニ〈アヴェ・マリア〉の熱唱も素敵だが、やはり《リゴレット》〈慕わしい人の名は〉のラストで可憐な歌声がゆっくりと飛翔してゆくさまが圧巻!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2018年9月号より)

【information】
SACD『ディヴィーナ/藤田美奈子』

ベッリーニ:おお、私がただ一度でも…/ヘンデル:懐かしい木陰よ、涙の流れるままに/プッチーニ:私が街を歩くと、私の愛しいお父さん/ヴェルディ:慕わしい人の名は、不思議だわ…ああ そは彼の人か…花から花へ/マスカーニ:アヴェ・マリア 他

藤田美奈子(ソプラノ)
瀧田亮子(ピアノ)

アールアンフィニ(ソニー・ミュージックダイレクト/
ミューズエンターテインメント)
MECO-1048 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]