トン・コープマン・プロジェクト 2018

名匠が2つのオーケストラと分け入るバッハ傑作の森

トン・コープマン
C)Foppe Schut

 卓越した指揮者・歴史的鍵盤楽器奏者として、古楽界を牽引してきたオランダの名匠、トン・コープマン。すみだトリフォニーホールで開く「トン・コープマン・プロジェクト 2018」では、手兵アムステルダム・バロック管弦楽団&合唱団との大作「ミサ曲ロ短調」、新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮しての管弦楽作品と、大バッハの傑作の森に挑む。
 4年前、ライプツィヒ・バッハ音楽祭の閉幕コンサートでの「ミサ曲ロ短調」演奏を前に、次のように語っていたコープマン。「この曲はバッハが遺した数多くの作品の中でも、最高峰に位置づけられます。キャリアの初期から最晩年まで、彼自身の音楽の集大成としただけでなく、古い教会音楽の様式をも集約して抽出し、化学反応を起こした上で、途方もなく、素晴らしい音楽を創り上げたからです」。そして、声楽と管弦楽が絶妙に調和した、名演を聴かせてくれた。今回は、テノールのティルマン・リヒディやバスのクラウス・メルテンスら、この時と同じソリスト陣に加え、気鋭のソプラノ、マルタ・ボスを起用。さらに練り込まれ、円熟度を増した“超演”が期待できる。
 また、これに先立ち、新日本フィルを指揮し、管弦楽組曲第3番・第4番とブランデンブルク協奏曲第1番・第3番に対峙。モダン楽器オーケストラとの共演について、「“どう弾くか”を単にレクチャーするのではなく、共に音楽を創るのが私の目的。共に考え、コラボレートするのは楽しく、有意義な体験です」と話していた名匠だけに、新たなバッハ演奏の地平を拓く快演に触れられそう。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2018年9月号より)

コープマン&新日本フィルハーモニー交響楽団 2018.9/6(木)19:00
コープマン&アムステルダム・バロック管弦楽団&合唱団 2018.9/8(土)17:00
すみだトリフォニーホール
問:トリフォニーホールチケットセンター03-5608-1212 
http://www.triphony.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]