【CD】王のためのコンセール〜フルート・バロック 名曲集Ⅱ〜/工藤重典

 日本を代表するフルートの名手、工藤重典の最新録音は、パリで活躍するアメリカ出身の鍵盤楽器奏者、シーゲルとの共演で、フレンチ・バロックを核に。ルイ14世への御前演奏に供された「コンセール」や、オペラ作品から抜粋された組曲での、しっかりした様式感に裏付けされた折り目正しい快演は、工藤ならでは。特に、舞曲のしなやかさには、惚れ惚れしてしまう。シーゲルも出しゃばらず、しかし、出るべき箇所では、きっちりと前へ出る、絶妙のサポート。併録されたエマヌエル・バッハのソナタで、次々に移り変わる多感様式特有の色彩感を、鮮やかに掬い取ってゆくのも、このデュオの真骨頂だ。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2018年9月号より)

【information】
CD『王のためのコンセール〜フルート・バロック 名曲集Ⅱ〜/工藤重典』

F.クープラン(R.シーゲル編):組曲「王のためのコンセール」/ラモー(R.シーゲル編):オペラ組曲/C.P.E.バッハ:ソナタ第1番Wq.125/テレマン:ソナタ ロ短調TWV41:h4/J.S.バッハ:アダージョ ソナタBWV1033より、アリオーソ 協奏曲BWV1056より 他

工藤重典(フルート)
リチャード・シーゲル(チェンバロ)

収録:2017年9月、Hakuju Hall(ライヴ) 他
マイスター・ミュージック
MM-4037 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]