【CD】テリュール/徳永真一郎

 ギター音楽愛好家の間では既にその逸材ぶりが轟いている徳永真一郎。福田進一プロデュースによる待望のデビューアルバムが登場。その凝ったプログラミングからしてありきたりなアルバムとは違った気概を感じさせるが、何より演奏が秀逸の極み。1曲目のR.S.デ・ラ・マーサの「サパテアード」での個々の音の粒立ちの見事さと歌い回しの絶妙なセンス、F.ド・フォッサにおける多彩な音色を駆使した弾き分け。淡いペーソスを漂わせたR.ディアンスも勿論素敵だが、アルバムタイトルのミュライユが凄い。ギター1本で演奏されているとは思えぬ複層的な音響世界。これは必聴だ。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2018年9月号より)

【information】
CD『テリュール/徳永真一郎』

R.S.デ・ラ・マーサ:サパテアード、ペテネーラ、ロンデーニャ/E.S.デ・ラ・マーサ:暁の鐘/F.ド・フォッサ:ファンタジー第1番/A.ホセ:ソナタ/R.ディアンス:サウダージ第2番/F.クープラン:神秘的なバリケード/T.ミュライユ:テリュール

徳永真一郎(ギター)

マイスター・ミュージック
MM-4038 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]