【CD】J.C.バッハとW.A.モーツァルトのクラヴィーア協奏曲/小倉貴久子

ピリオド楽器アンサンブルの活気、みずみずしさ、そして愛らしさ。それらがぎっしり詰まったこのアルバムは、フォルテピアノの小倉貴久子が続けるコンサートシリーズ「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」第30回を記念するライヴ録音。共演には桐山建志ほか、現代のピリオド楽器のスペシャリストたちが集結。モーツァルトの第15、27番のクラヴィーア協奏曲とともに、モーツァルトが敬愛の念を寄せた作曲家、ヨハン・クリスティアン・バッハ(大バッハの末っ子)の協奏曲も収録。同時代を生きた二人の音楽像がヴィヴィッドに伝えられる。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2018年7月号より)

【information】
CD『モーツァルト:クラヴィーア協奏曲第15番K.450、同第27番 K.595/J.C.バッハ:クラヴィーア協奏曲op.13-2

小倉貴久子(フォルテピアノ)
ピリオド楽器による室内オーケストラ

収録:2017年11月、第一生命ホール(ライヴ)
コジマ録音
ALCD-1176 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]