【SACD】サン=サーンス:幻想曲、ルニエ:スケルツォ・ ファンタジー 他/西江辰郎&津野田圭

 旋律楽器とハープによる録音に、ユニークなこだわりを持ったアルバムが加わった。「ライヴのようなセッション録音」による親密な演奏で、津野田の繊細な表現と、西江の清潔な音色が相性抜群。フランスのオリジナル曲の美しさに加えて、バッハやピアソラ作品の編曲ではハープの響きで楽曲の新しい一面が浮かび、聴くほどに新鮮。ライナーノーツも独特で、録音時の配置、機材、楽器の詳細まで図示。さらに通常の曲目解説の代わりに彼らの対談を掲載。曲への思い、編曲演奏の調整ポイントや苦労話まで楽しく語られていて、一流奏者の生の声を伝える読み物としても面白い。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年7月号より)

【information】
SACD『サン=サーンス:幻想曲、ルニエ:スケルツォ・ ファンタジー 他/西江辰郎&津野田圭』

サン=サーンス:幻想曲/ルニエ:スケルツォ・ファンタジー/グルック:精霊の踊り/マスネ:タイスの瞑想曲/ピアソラ:タンゴの歴史より/J.S.バッハ(伝C.P.E.バッハ):ヴァイオリン・ソナタBWV1020/アーン:クロリスに 他

西江辰郎(ヴァイオリン)
津野田圭(ハープ)

オクタヴィア・レコード
OVCL-00669 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]