府中の森クラシックコレクション 神尾真由子(ヴァイオリン) × 佐藤卓史(ピアノ) デュオリサイタル

旬の2人が放つ煌めきのデュオ

 2つの卓越した才能がステージで出逢い、新たな響きの扉を開く――。
 2007年にチャイコフスキー国際コンクールを制したヴァイオリンの神尾真由子。そして、同年にシューベルト国際、11年にはカントゥ国際の両コンクールで優勝を果たしたピアノの佐藤卓史。共に次代を担う若き名手として、国内外の檜舞台で活躍する2人が、彩り豊かな佳品を聴かせるデュオ・リサイタルを開く。
 難関として知られる登竜門での快挙により、一躍国際的な脚光を浴び、欧米の一線楽団と次々に共演を重ねている神尾。一方、佐藤は東京藝大からハノーファーやウィーンに学び、ソリストとしてはもちろん、室内楽奏者としても非常に評価が高い。
 今回は、ベートーヴェンの第8番とプロコフィエフの第1番、2つの名ソナタを軸に。さらに、イザイ「悲劇的な詩」の艶めかしいまでの美しさ、ワックスマン「カルメン幻想曲」の超絶技巧と、変幻自在に魅せる。さらに、佐藤はソロも披露。「喜びの島」と「月の光」、2つのドビュッシーの傑作を聴かせる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年6月号より)

2018.6/29(金)19:00 府中の森芸術劇場 ウィーンホール
問:チケットふちゅう042-333-9999
http://www.fuchu-cpf.or.jp/theater/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]