第473回 日経ミューズサロン ライナー・キュッヒル ヴァイオリン・リサイタル

隠れた名曲を美しい音色で紡ぐ

 “レジェンド”が紡ぐ妙なるサウンドで、音楽史の1ページをひともく——。一昨年まで45年の長きにわたり名門ウィーン・フィルのコンサートマスターを務めたライナー・キュッヒルが、日経ミューズサロンへ登場。日本では演奏機会に恵まれない“隠れた名曲”を選りすぐって紹介する。
 21歳の若さでウィーン・フィルと同歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任し、一昨年に惜しまれつつ勇退。しかし、ソリストとしては、引き続き精力的な活動を続け、毎年来日するウィーン・リング・アンサンブルのリーダーも務め、わが国でも数多いファンを喜ばせている。
 ピアノは、ウィーンでのベートーヴェン・ソナタ全曲演奏など、キュッヒルと国内外で共演を重ねる加藤洋之。第二次大戦下のドイツという時代を生き抜いたプフィッツナーのソナタを軸に、イザイ編曲によるサン=サーンス「カプリス」、クライスラーの小品やR.シュトラウス《ばらの騎士》からのワルツ、ドヴォルザーク「ロマンティックな小品」と多彩に披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年6月号より)

2018.6/29(金)13:30 18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5281-8067
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 田中彩子(ソプラノ)インタビュー
      on 2019/09/18 at 11:18

      interview & text :室田尚子 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる [&#8230 […]