【CD】チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団 ライヴ・イン・東京 2016

 チェコ・フィルのメンバーを中心とする弦楽四重奏団の東京ライヴ。3人の作曲家の味わいある佳品を集めたこだわりの演目で、高水準かつローカル色のにじみ出る演奏を聴かせてくれる。チェコの弦ならではのあたたかい音色、おおらかな構えが心地よい。ゆとりはあってもゆるみはなく、弦楽四重奏の喜びを適切に伝えてくれる。欧米の最先端の若手団体の醸す緊張感とはちがう、室内楽本来の親密さはやはり捨てがたい。なかでも母国の2曲の自然な歌とハーモニーの美しさ(特にヤナーチェクにおける情趣)、そしてアンコールのベートーヴェンのホッとする空気感はいまや貴重なもの。
文:林 昌英

【information】
CD『チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団 ライヴ・イン・東京 2016』

モーツァルト:弦楽四重奏曲第23番「プロイセン王第3番」/ヤナーチェク:草陰の小径にて 第1集(J.ブルクハウザーによる弦楽四重奏編)/マルティヌー:弦楽四重奏曲第7番「室内協奏曲」 他

チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団

収録:2016年9月、東京文化会館(ライヴ)
ナミ・レコード
WWCC-7870 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【レポート】武蔵野音楽大学 管弦楽団合唱団演奏会「荘厳ミサ曲」リハーサル取材
      on 2019/11/15 at 01:00

      若い学生たちが巨匠のタクトで ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」に挑む    今年創立90周年を迎えた武蔵野音楽学園。初期には武蔵野音楽学校として認可され、戦後には音楽大学音楽学部としていち早く設置認可されるなど、昭和初期から激動の時代を乗り越え、永く日本の音楽界の重要な礎となってきた学び舎であり、ここから巣立った名音楽家も数多い。    90周年を記念する演奏会として開催されるのが、12月の「武蔵野音 [&#8230 […]