【CD】チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団 ライヴ・イン・東京 2016

 チェコ・フィルのメンバーを中心とする弦楽四重奏団の東京ライヴ。3人の作曲家の味わいある佳品を集めたこだわりの演目で、高水準かつローカル色のにじみ出る演奏を聴かせてくれる。チェコの弦ならではのあたたかい音色、おおらかな構えが心地よい。ゆとりはあってもゆるみはなく、弦楽四重奏の喜びを適切に伝えてくれる。欧米の最先端の若手団体の醸す緊張感とはちがう、室内楽本来の親密さはやはり捨てがたい。なかでも母国の2曲の自然な歌とハーモニーの美しさ(特にヤナーチェクにおける情趣)、そしてアンコールのベートーヴェンのホッとする空気感はいまや貴重なもの。
文:林 昌英

【information】
CD『チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団 ライヴ・イン・東京 2016』

モーツァルト:弦楽四重奏曲第23番「プロイセン王第3番」/ヤナーチェク:草陰の小径にて 第1集(J.ブルクハウザーによる弦楽四重奏編)/マルティヌー:弦楽四重奏曲第7番「室内協奏曲」 他

チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団

収録:2016年9月、東京文化会館(ライヴ)
ナミ・レコード
WWCC-7870 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]