八木大輔がチッタ・ディ・カントゥ国際ピアノコンクール 古典派部門で優勝

表彰式より:左から2人目が八木大輔

 4月29日から5月7日にかけてイタリア北部のカントゥで行われた第28回チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノコンクールの古典派部門で、八木大輔が史上最年少となる14歳で優勝した(併せてベートーヴェン特別賞も受賞)。第2位はRiccardo Zangirolami(イタリア)、第3位はKozhakhmetova Zhibek(カザフスタン)。同コンクールは、1991年から毎年開催されており、課題曲がすべて協奏曲というユニークな国際コンクールとしても知られる。2015年には、反田恭平が同じく古典派部門で優勝している。
 八木は、03年神奈川県伊勢原市生まれ。これまでに藤井麻衣子、石井理恵、黒田亜樹に師事。17年6月ミラノピアノタレンツコンクールで大賞および聴衆賞受賞。同年10月、第30回ポッツォーリ国際ピアノコンクール第3位(13歳での最年少入賞)。また、18年3月には、第4回スタインウェイコンクール in Japanで大賞および聴衆賞を受賞した。
 八木は「このコンクールではオーケストラとの共演という素晴らしい経験ができました。まさか1位をいただけるとは思っていませんでした。とても嬉しいです」と喜びを語った。

Concorso Internazionale per Pianoforte e Orchestra Città di Cantù
http://www.cantupianocompetition.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]